医師の転職失敗あるある、その中でかなり多いのが今回紹介する失敗です。

項目を事前に確認しておかなければならない

簡単に言ってしまえば、自分の思っていた病院と違っていたために、「これがやりたい」と思っていたことができないという状況になってしまうパターンですね。

確かに、自分がこれをやりたい、あれをやりたいと考えていたことがあるとすれば、まず転職先となる病院にそういったことを行うための医療設備が整っているのかということ、あるいは病院の方針がどのようになっているのか(自分がやりたいことをさせてもらえる方針なのか)ということ、あるいは病院自体の経営状況など、こういった項目を事前に確認しておかなければなりません。


つまり面接をした際にハッキリと確認をしておくこと

ではこういった「やりたい事が出来ない」という失敗はどうすれば防ぐことができるのでしょうか。

結論から言えば、事前の段階、つまり面接をした際にハッキリと確認をしておくことです。

幾つも質問をすると、嫌がられるのでは?と考える方もいらっしゃいますが、自分の意見をここで確認しておかないと、後になってこういう事態が発生してしまいます。

また、そこで質問をされて嫌な顔をするような方が人事担当をしていたとすれば、むしろその病院は避けるべき病院なのではないでしょうか。

いずれにせよ、よくある失敗を防ぐために面接の段階でしっかりと確認する癖をつけることではないでしょうか。