これだけは避けたい失敗の一つが、「理想の条件に囚われてしまって、選ぶことができない」という状況に陥ることです。

考えてみれば希望となる条件などは幾らでも膨らむ

折角今の病院を辞めて、次に行こうという気持ちが芽生えたとしても、あまりにも現実離れしすぎた理想や夢を追ってしまうと、なかなか次の転職先が見つからなくなってしまいます。

折角転職するのだから、やっぱり高収入じゃないとダメ、今は激務だから勤務時間もできるだけ減らしたい、夜勤や早朝勤務などが無い方がいい、転職先となる病院にはできれば今より高いブランド力が欲しい、考えてみれば希望となる条件などは幾らでも膨らんで行きます。


冷静に検討するというのが一番の方策

もちろん、希望すること自体が悪いわけではないのです。ただ、あまりにも条件にこだわりすぎてしまうと、次が見つからないですし、肝心な部分を見落としてしまうことにもなりません。

例えば、上記全ての条件を兼ねそろえていたら良い労働環境かと言うと、決してそうは言えないでしょう。

人間関係が難しい場合もあるでしょうし、上司が厳しいかもしれません。肉体的負荷は減って、精神的負荷がかかるかもしれません。

なので、条件のみにこだわりすぎない、クリアな状態で転職先を探すということが大事です。

このようなよくある失敗を避けるためには、冷静に検討するというのが一番の方策かもしれません。