続いての医師転職にありがちなよくある失敗、それは「一つの病院しか選ばない」という転職方法です。

新しい道を選ぶために、しっかりと向き合うこと

これも一般の企業を受けるサラリーマンの方にとってもよくある失敗の一つ。

一つの病院だけ受けることが明らかに悪いという話ではありませんが、そういった方々の話を聞いていると、そのような行動を取った動機として挙げられるのが「面接が面倒くさい」という声であったり、「時間がなくて忙しいので早く次を決めたかった」など、新しい道を選ぶために、しっかりと向き合っていなかったのではないかと感じてしまいます。


ら後悔するパターンをしっかりと防ぐためには

さて、ではこのような入ってから後悔するパターンをしっかりと防ぐためには、私達はどのように行動すればいいのでしょうか。

一つは、複数の病院で面接を受けるということです。幾つかの病院を駆け回っていれば、自然と病院がどのようなスタンスでいるのか、ということが徐々に見えるようになってきます。

経験値が上がれば、それだけ客観的な判断を行うことができるようになりますし、幾つかの病院の中から条件、雰囲気などを加味した上で比較検討することができます。

この比較検討を行うことこそが、入ってから後悔するパターンを防ぐためにもっとも必要なことではないでしょうか。